About this site

すべてはこの絵から始まった。作者はサン・ホルム(Peder Marius Sand Holm Nielsen, 1893-1976)、かなりマイナーなデンマークの画家だ。作家自らにより『早春の空に浮かぶ細長い雲』Lange skygger, Tidligt Forår という心理的なタイトルが付けられているが、それよりも、この絵が持つ妙にリアルな感覚に引き寄せられた。

北国の温度感、淡い光、人の気配 . . . 。この感覚は、リアルと言うよりは、メタリアルなものと呼ぶにふさわしい。そう思って、この種の芸術作品を『メタリアリズム(MetaRealism)』とカテゴライズすることにした。けれどもこの感覚メタなものであるゆえに、具体的かつ正確に定義することは難しい。

さて、日本では殆ど知られていなかったデンマーク絵画だが、ようやく2008年、ヴィルヘルム・ハマースホイ(Vilhelm Hammershøi, 1864-1916)のまとまった作品が国立西洋美術館で紹介された。しかし彼の作風がデンマークの絵画を代表するものかと言えば、そうではない。ムンクがノルウェーの最も著名な画家ではあっても、ノルウェー絵画を代表するわけではないのと同様である。

もっとも、ハマースホイの作風が人間の複雑な心理を反映したものだという点に注目するなら、それは19世紀末以降100年間のデンマーク絵画の、大きな特色の一つなのである。フランスから興った印象主義が、感覚的… 強いて言えば外面的なものに依存していたのに対して、同時期のデンマーク絵画では明らかに心理的・内面的なものが勝っており、内省的な表現に富む作品が多い。

Sand Holm: "Lange skygger, Tidligt Forår" (Long cloud, early spring)

(以下、準備中)

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.